格安SIMの選び方

LINE MOBILE

日本国内で一番利用されているSNSを運営しているLINEが、携帯電話事業に乗り出しましたね。
実際に、携帯電話会社の提供する通話よりも、LINEでんわを使う人の方が多いくらいに重宝されているサービスですが、LINE MOBILEは、そのSNSの通信料を無料にするという特殊だけど重宝する特長をもってサービスインしました。

 

ただ、SNSの通信料もどんな使い方も無料というわけではなく、ある一定の条件がありますので、対照表を用いてここでは、できる限り分かりやすく、そのメリットをお伝えしていきます。

 

LINE MOBILE(ラインモバイル)とは

 

LINE MOBILE(ラインモバイル)とは、SNSのラインが提供する格安SIM会社のことです。

 

LINE MOBILE(ラインモバイル)の特長は、LINEやFacebook、Instagramなどの主要なSNSのパケット代がかからないこと※が一番です。
しかも、ギガが無くなってもこれらのSNSで使う分には速度も落ちない。
だから、インスタのチェックもし放題!!
他社と比べても、かなりユニークなサービス設計になっています。

 

それぞれのSNSに、無料となる使い方が決められていて、主要な使い方はほぼ無料になっています。

 

SNS名 使い方1 使い方2 使い方3 使い方4
LINE 音声通話 トーク 画像・動画の送受信 タイムライン
Twitter タイムライン 画像付きツイート ツイート ダイレクトメッセージ
Facebook タイムライン 画像・動画投稿 コメント お知らせ表示
Instagram タイムライン 画像・動画投稿 アクティビティ ダイレクトメッセージ

 

この無料データ通信のことを、LINE MOBILE(ラインモバイル)ではデータフリーと呼びます。

 

データフリーとは、対象サービス(MUSIC+でいえば、LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC)
利用時にデータ通信量を消費しない機能のことをいい、データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)、データフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

 

気を付けなければならないのは、同じアプリ内でもデータフリーの対象とならない使い方があり、対象とならない使い方の多くが、他社のサイトに飛んでからとか、動画系などになっていて、他サイトと動画は有料だと覚えておけば、だいたいLINE MOBILE(ラインモバイル)の有料領域と判断できます。

 

 

LINE MOBILE(ラインモバイル)とは、SNSを多用する人たちにお得な格安SIM会社と認識しておけば、単純比較で他社より高くても、実際の請求額は抑えられる単純比較のし難い会社だとわかります。

 

 

請求額がLINE MOBILE(ラインモバイル)よりも安くて、動画の利用頻度が高い人は、LINE MOBILE(ラインモバイル)以外のその会社を選んでもいいかもしれませんけど。

 

実際に、LINE MOBILE(ラインモバイル)に関しては3種類のサービスがあるんですが、LINEトークを多用する人なら、ラインフリーという月額500円の格安プランを使うことで十分に普段使いは賄えます。

 

 

一番上位のMUSIC フリーというプランなら、加えてLINE-MUSICも聞き放題。
LINE-MUSIC料金も割り引いてくれるという優れものw
LINEの自分のアカウントに、音楽を設定している人もいっぱいいらっしゃいますが、その曲もLINE MUSICを設定しておけるというもの。

 

※動画など一部サービスではパケットがかかります。

 

LINE MOBILE(ラインモバイル) 料金一覧

 

LINE MOBILE(ラインモバイル)の料金も音声+データ通信と、データ通信専用プランがあります。
差額から見て、音声の基本料金は600円弱といったところです。

 

コミュニケーションフリーでも、3GBで1,690円と格安ですが、さらに主要SNSを使い放題ということを考えれば、相当に使い応えのある3GBだと想像できると思います。
Instagramのチェックが欠かせない人なら、その効果はテキメン。
Facebookのように、知らない間にタイムラインが更新されるサービスなんかも、使い応えがあります。

 

 

プランごとに、パケット代が無料となるSNSサービスについては、下の表のとおりになります。

 

ラインフリー コミュニケーションフリー MUSICフリー
LINE
Twitter 有料
Facebook 有料
Instagram 有料
LINE MUSIC 有料 有料

 

こうやってみると、コミュニケーションフリーのコスパの良さが際立って見えますね!

 

 

あと、LINE MOBILE(ラインモバイル)では、通信キャリアを docomo / au / softbank の3社から選べ、それぞれのキャリアは同じ料金で使えます。
料金が異なり、3キャリアを揃えられていても、料金が異なる会社もありますが、LINE MOBILE(ラインモバイル)では、同一料金に設定することで、料金に縛られず好きなキャリアを選ぶことができます。

 

当然、SIMロックの解除の悩みも解消されるわけです。

 

 

LINE MOBILE(ラインモバイル) 音声+データプラン 料金一覧

 

では、LINE MOBILE(ラインモバイル) の料金はどのようになっているのでしょうか。

 

LINE MOBILE(ラインモバイル) のプランは、ラインフリーとコミュニケーションフリー、MUSICフリーの3種類のプランと、それぞれのパケット容量によって金額が決まります。
音声は、他の格安SIM会社と違って、10円/30秒という通話料金設定になっていて、かなり良心的なサービスになっています。

 

ラインフリー コミュニケーションフリー MUSIC+
1GB 1,200円 提供なし 提供なし
3GB 提供なし 1,690円 2,390円
5GB 提供なし 2,220円 2,720円
7GB 提供なし 2,880円 3,280円
10GB 提供なし 3,220円 3,530円

 

LINE MOBILE(ラインモバイル) データ専用プラン 料金一覧

 

LINE通話があれば、音声通話なんていらない!

 

そんな方もおられる気がします。
また、タブレットを使うのであれば、データ専用プランで十分です。

 

使い方を工夫すれば、PCやタブレットユーザーだけでなく、スマホユーザーでも音声プランはいらない… そんな時代が来たのかもしれませんね。

 

ラインフリー コミュニケーションフリー MUSIC+
1GB 500円 提供なし 提供なし
3GB 提供なし 1,110円 1,810円
5GB 提供なし 1,640円 2,140円
7GB 提供なし 2,300円 2,700円
10GB 提供なし 2,640円 2,940円

 

なんか、恐ろしいほど安いですよね。
そのうえ、SNSの通信料がかからないわけですから、これで十分な人も多いと思います。

 

 

ラインモバイル(line mobile)まとめ

SNSを多用する人には、かなりのメリットがあるサービス内容になっています。

 

 

メリット
SNSを使う人には、通常の利用分についてパケット料金を抑制できる
SNSのパケットフリーでありながら、他社とそん色ない基本料金設定
契約当初5か月は基本料金半額

 

デメリット
LINE以外のSNSについては、パケットフリーとなる使用方法に制限がある
iPhoneの提供がほとんどない
パケットフリーの対象にYouTubeは入っていない

 

SNSのヘビーユーザーにはうってつけのサービスです。
一方、家族割などのサービスがほとんどなく、個人で契約する人向けのサービス内容になっています。

 

 

ラインモバイルでiPhone

 

LINE MOBILE(ラインモバイル)の泣き所の一つが、多くの格安SIM会社と同じくiPhoneを、ほとんど提供していないところです。
現在、iPhone6sだけの提供となっていて、iPhoneXシリーズ以降はもちろん、iPhone8も提供していません。

 

日本はスマホについて、異常なほど機種の人気に偏りがあります。

 

過去にもガラケー時代に、P(パナソニック)と N(NEC) に偏りがありましたけど、現在はそれ以上の偏りがあります。

 

ただ、私も長年… 3GS時代からのiPhoneユーザーですが、確かに性能面でも、安定性でも、ユーザビリティ(使い易さ)でも、iPhoneが他を圧倒しているのも事実なんですが。
あと、サポートもアップルは本当によく考えられていて、電話サポートも手厚いことでご存知の方も多いと思います。

 

 

かと言って、10万円前後する端末を一括購入する習慣のない日本人にとって、2-3年の利用で十分格安SIM会社の方が安くなることが分かっていても、iPhoneの価格は、なかなか手が出にくいのも事実です。
大手キャリアなら、分割+端末割引という、毎月請求する割高な料金と併せて分割払いにしてくれるメリットも一見はあるんですが、端末割引が規制された以上、月々の割高な料金だけが突出してしまっていることに気が付いてください。

 

また、あまりご存知ないんですが、Apple Online Store では金利0円の分割払いにも応じてくれていますので、ひと月あたり2,000円くらいでiPhone8なんかは手に入りますので、そちらもチェックされてみてはいかがでしょうか?

 

「一括払いは高すぎる。」
「でも金利は払いたくない」

 

そういった方も多く見えられると思います。

 

 

あと、中古端末って手もありますよね。
けっこう、割安に手に入って、サブの端末なんかを手に入れる時に重宝しています。

 


ラインモバイル(line mobile)記事一覧

ラインモバイルを取り扱っている店舗は、大きく分けて2種類。家電等の量販店か、格安SIMを中心とした携帯SIMの併売店(色んな所を扱っている店舗)です。つまり、ドコモショップやauショップのような専売店は、現在のところありません。ちなみに、取扱店舗は次のようになります。ラインモバイル取り扱い量販店エディオケーズデンキコジマジョーシンソフマップノジマビックカメラベスト電器ヤマダ電機ヨドバシカメラライン...

ラインモバイルでの取り扱い端末も、かなり限定的なところがあります。御多分に漏れず、iPhoneの取り扱いは相当にひどいです。ご存知かもしれませんが、Apple Online StoreなどでiPhone端末を購入すればいいだけですので、それほど気にすることもないんですが。ただ、どうしてもApple Storeで行っている、キャリアタイアップの機種変更キャンペーンに比べたら、少し割高になりますが、半...

音声通話SIMとSMS付きのデータ専用SIMについて申し込めます。これ、ヨドバシカメラなんかに置いてある紙のパッケージに記載されているエントリーコードを使って開通するパッケージのことを指します。これは、開通にあたって、ユーザーがサイトからエントリーパッケージに記載されているエントリーコードを直接入力することで、開通の手間をかけないことで事務手数料を割り引くというもので、エントリーパッケージ代金はか...

評判の良し悪しって判断が難しいですよねーーー。ラインモバイルの評判自体は結構いいですが、よくない評価をつける人の誤解ポイントがいくつかあります。SNSのパケットフリーの解釈。このサイトにも、対象サービスを記載していますが、意外と盲点なのは、リンクを辿っていろんなサイトを閲覧する人。LINEならLINEのアプリ内だとほとんど料金がかからないようになっていますが、どうやら外のサイトに出てしまうとダメら...

page top