格安SIMの選び方

OCNモバイル

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、IIJ-mioと並んで格安SIM会社の中でも老舗に位置付けられます。
通話料が安いこと、安定した通話通信品質他社とそん色ないデータ通信料3拍子揃っていることがユーザー獲得を促しています。

 

NTTグループは、品質系のクレームが出てくると対処が早いですから、その点も評価されるポイントのようです。イメージ的には安いイメージが少ないですが、後述する通話料体系をご覧になると、ビジネスマンを中心に他社よりかなり安く抑えられる可能性があります。

 

 

OCNモバイルONEとは

 

OCNモバイルONEとは、NTT Communicationsから提供されている格安SIMのことです。
データ通信料金は安く、通話料金が高い格安SIMですが、NTT CommunicationsのOCNモバイルOneですと、格安SIMでありながら通話料金をグッと抑えことができます。

 

ocnモバイルoneの特長とは、通話料金が安いでその理由は後述しますが、通信品質が安定していることと、通話料金が安いこと、さらには中古端末を含めてiPhoneの供給も充実していることが挙げられます。

 

つまり、地味ではありますが、格安SIMの中でNo.1の呼び声も高いブランドとも言われます。
通話料金の安さについては、特筆ものでビジネスマンならばお客さん先の固定電話への通話も多いと思いますので、お勧めしたい一つです。

 

一般に、NTTブランドは高いイメージがありますが、ごまかし的な料金設定がないことより、実際には総支払額がいちばん安くなることも多いのが特徴です。

 

 

 

OCNモバイルONEの料金一覧

 

OCNモバイルONEの料金体系はシンプルで、音声対応SIMプランとデータSIMプランに分けられています。

 

その中でも、音声対応SIMプランでは、格安にできるポイントとして3つのかけ放題プランと、IP電話を利用した格安な通話方法が用意されています。

 

データSIMプランでは、他社と変わらない料金水準ながらに、格安SIMとしては高速のデータ通信を提供しているところも見逃せないです。

 

OCNモバイルONEの音声対応SIMプランの料金一覧

 

音声系サービスについては、ベーシックプラン、10分かけ放題プラン(+850円)、トップ3かけ放題プラン(+850円)、かけ放題ダブルプラン(+1,300円)に分かれています。

 

パケット容量 ベーシックプラン 10分かけ放題プラン トップ3かけ放題プラン かけ放題ダブルプラン
3GB 1,800円 2,650円 2,650円 3,100円
6GB 2,150円 3,000円 3,000円 3,450円
10GB 3,000円 3,850円 3,850円 4,300円
20GB 4,850円 5,700円 5,700円 6,150円
30GB 6,750円 7,600円 7,600円 8,050円

 

トップ3かけ放題プランとは聞き慣れないプランですが、よくかける先3つを登録しておけば3つの登録先への通話はいくらでもかけ放題(10分の縛りもない)こととなっています。かけ放題ダブルプランは、10分かけ放題プランとトップ3かけ放題プランの両方登録されているプランです。

 

※ ベーシックプランとかけ放題対象外の通話料金は、20円/30秒となっています。
※ すべて料金は税別表記となっています。

 

 

OCNモバイルONEのデータSIMプランの料金一覧

 

格安SIMのパケット通信料金は、同じ水準になっています。
OCNモバイルONEもほぼ同じ水準で、データSIMプランではSMSの有無で料金が変わってきます。

 

パケット容量 SMSなし SMSあり
3GB 1,100円 1,220円
6GB 1,450円 1,570円
10GB 2,300円 2,420円
20GB 4,150円 4,270円
30GB 6,050円 6,170円

ここでも、SMSは付加使用料として120円だと判別できますが、OCNモバイルのページと同じ表記としました。
でも、SMS120円は安いです。格安SIM会社だと通常300円の設定が多いですから。

 

ただし、iPadご利用の方は、iOS13の時点ではSMSが使えないのでSMSなしのプランで十分なこともお忘れなく。

 

 

OCNモバイルでiPhoneを使う

 

iPhoneについては、整備品という新品ではないけれども、オーバーホールされた新古品の扱いをしているので、2019年10月現在では iPhoneXSやXRも扱っています

 

海外版のiPhoneSEも扱っていますが、iPhoneとは言え海外版と日本版は仕様が異なっているため、あまりお勧めはしないです。(普通に日本語表示などはしてくれますが、海外でもどの国かによって、日本の通信キャリアと相性が悪いケースは散見されます。)

 

 

OCNモバイルには、NTTグループらしからぬ特長としてiPhoneの中古端末を扱っています。
GEOと組んで、回線を売ってもらいつつ、中古端末の供給を受けているようです。
そのため、iPhoneXRなど現在でもapple 公式サイトでも販売されている端末を、格安SIM会社から購入することができます。

 

しかも、認定を受けた中古端末のためにかなりの美品で、新古品に近い状態で販売しているところも魅力。

 

ただし、中古端末とは言え、人気商品の美品ということもあり、決して安い中古端末とは言い難い価格になっていますが、定価よりもずっと安くiPhoneを手に入れられるのは嬉しいですよね!

 

 

OCNモバイルとゲオ(GEO)

 

ゲオ自体はOCNモバイルの販売代理店契約を結んでいます。
店頭でもOCNモバイルを扱い、積極的に推奨しています。

 

ゲーム市場も、ネット配信が主流となる中、中古市場でスマホの取り扱いを伸ばして業態の転換を図っています。
その中で、中古端末と関連性のあるOCNモバイルの格安SIMを扱うことで、端末の買取販売に加えて回線の販売収入を見込んでいるようです。
さらには、OCNモバイルに対して、iPhoneなど一部の中古端末を供給することで、買取力を確実な卸売販売につなげて、収益の安定化も図っているようです。

 

そのようなことから、GEOはNTT Comunicationにとって大事なパートナーとも言え、相互に良好な関係を続けているようです。

 

あとGEO自体は、UQモバイルも同じようにSIM販売+中古端末販売をしています。


OCNモバイル記事一覧

OCNモバイルONEの割引は、音声通話を中心にかなり豊富です。あと、OCN光の利用者は200円/回線の割引が、最大1,000円まで引かれます。でも、それだけじゃない、OCNモバイルONEの隠れた割引の実力。その辺は、IP通信の世界で勝ち抜いてきただけあって、他社にはない強味が隠れていました。月額990円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」一般的な格安SIMの通話料一般的に格安SIMの場...

OCNモバイルONEのすごいところの一つに、iPhoneのラインナップが多いことです。格安SIM会社としては、OCNモバイルONEの品揃えはスゴイです。そもそもとして、値段もかなり安い。OCNモバイルONEのiPhoneが安い月額990円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」iPhoneSEなんですが、新品でこんなラインナップになっています。・32GB:28,100円・128GB:33,...

page top