格安SIMの選び方

楽天モバイルでiPhoneを使う

rakuten_mobile

 

御多分にもれず、楽天モバイルもiPhoneのラインナップは脆弱です。

 

… でも、このサイトでは再三にわたって、iPhoneを携帯電話会社から買わなくてもいい、という趣旨の持論を私は展開しています。

 

理由は、2019年10月以降、キャリアからの値引きがほとんどないことが挙げられます。
要するに、わざわざキャリアから携帯電話を購入するメリットがないわけです。
言い換えれば、端末に縛られて、高い料金を払わされることにデメリットがあるということです。

 

 

確かに、楽天モバイルなどでは、android端末などが安く手に入ったりします。
ただ、他の格安SIM会社も含めて、iPhoneについては値引きされたりはしていません。

 

だったら、iPhoneが欲しい人は、Appleから直接買っても損はしないわけです。

 

 

これまで、携帯電話会社から携帯を値引き価格で購入できていました。

 

でも、値引きが無くなれば、もしくは少なくなれば、格安SIM会社で回線を契約して、定価でAppleから購入するすることで、2年間の総支払額はグッと抑えられる結果になります。

 

例えば…

 

大手キャリア 5GBのパケット契約とすると8,000円ほどの支払いになります。
(端末費用別。実際は1万円以上払うことになります。)

 

楽天モバイルなら、スーパー放題のMで済みますから、3,980円となります。
(端末費用別)

 

差額:約4,000円/月

 

4,000円/月 × 24か月 = 96,000円 ≒ 10万円

 

端末の定価が同じと仮定すると、2019年10月以降は、キャリアの端末値引きは最大2万円とされていますから、8万円近くも格安SIM会社では得をする計算になります。

 

 

iPhoneのラインナップでは、大手キャリアには勝てない楽天ですが、Appleから直接買っても2年間で8万円もおつりが来るわけで、これまではそれだけ余分に携帯電話会社に料金を支払わされていたという裏返しになります。


page top