格安SIMの選び方

SIMフリーとは…

BIGLOBEモバイル

携帯電話会社は、顧客を端末でも囲うためにSIMロックというロックをかけて、自社以外の通信回線でスマホなどを使えないようにしています。

 

逆に、SIMフリーとは、そのような通信会社にロックされていない端末のことを指します。

 

つまり、auやSoftbankの回線で使われていた端末の多くは、そのままでは格安SIM会社の回線で使えないことになります。
なぜなら、格安SIM会社で使われている回線の多くはdocomoの回線だからです。

 

mineoやUQモバイル、Y!mobile、LINEモバイル、楽天モバイルなど、最近の勢いのある格安SIM会社の多くは、docomodだけでなく、もう1キャリアもしくは2キャリアの回線を選べるようになっていますが、それでも大多数の格安SIM会社ではdocomo回線を使ってサービスを提供しています。

 

当然ながら、中古市場ではシムフリーの方がキャリアを気にせずに使えるので、人気が高く買取価格も含めて価格は高値が付きます。
つまり、SIMロック解除をしておく方が、買取価格も高くなるということ。
ただし、コールセンターを含めてキャリアのサポートを受けてSIMロック解除を行うと、サポート料を3,000円ほどとられてしまいますから、意地でも自分で解除されることをお勧めします。

 

 

ただ、最近ではキャリア以外から供給されるandroid端末の多くは、SIMフリーで供給されています。


page top