格安SIMの選び方

ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクの格安SIMとして提供する際の別ブランドです。
ですので、品質的にもソフトバンクと遜色ないレベルのサービスを提供してくれています。

 

ちょうど、UQモバイルもKDDI(au)の別ブランド的な扱いですが、ワイモバイルは全く同じ会社、ソフトバンク社内に別ブランドを作った形になります。
格安SIM会社は、なんらかのターゲットに対して強かったりしますが、ワイモバイルのいいところは、通話をしたい人にも、動画を見る人にも対応しているところがポイントで、そういった意味でも家族全員の使い勝手に合わせやすいサービス設計になっています。

 

ただ、パケット専用プランについても、上限なしで使えるプランもあり、多くの面でメリットがあります。

 

 

ワイモバイルの料金一覧

 

ワイモバイルの料金体系は、シンプルで理解しやすいです。
ただ、この上にキャンペーン系の割引がかかってくるので、実際はさらにお得になる可能性が高いです。
キャンペーン、期間割引(新規契約後○ヶ月○割引とか)が含まれてくるので、実際の支払額を考える時に、その点の理解が少し複雑にしています。

 

その辺りも少し説明していきます。

 

ワイモバイルの音声+データプランの料金一覧

 

大きな割引として、”新規割”という6ヶ月間700円/回線割り引いてくれるサービスがあります。
加えて ”おうち割光セット” というものもあります。これは光回線を契約している間、携帯電話回線に対してずっと500円/回線引かれます。

 

CMなどで見かける「いちきゅっぱ」というのは、このうちの新規割を適用した料金です。

 

プラン名 パケット容量 料金
スマホベーシックS 3G (4GB) 2,680円
スマホベーシックM 9GB (12GB) 3,680円
スマホベーシックL 14GB (18GB) 4,680円

※ 契約当初2年間のパケット容量は( )内に示される増量を無料で適用
※ 契約当初6か月間の基本料は、上記より-700円(携帯回線毎)
※ ソフトバンク光回線加入の場合:上記から-500円 (携帯回線毎)

 

 

(上記割引適用後最安値の場合:6か月間)

プラン名 パケット容量 料金
スマホベーシックS 4GB 1,480円
スマホベーシックM 12GB 2,480円
スマホベーシックL 18GB 3,480円

 

iPhoneでもそうですが、実際には光回線でのwifiがあった方が使いやすいですので、光回線を使うのであれば、ソフトバンクに変更しておいた方がお得に使えること、間違いなしです。

 

ワイモバイルのデータ専用プランの料金一覧

 

Pocket WiFi の料金をみてみると、アドバンスドオプションというものがあります。
データベーシックプランLに684円を支払うことで通信制限なしの上限無制限で使えるオプションです。
かなり、UQWiMAXを意識した料金・サービス設定になっていますが、これはこれで十分にありがたいことですよね!

 

プラン名 パケット容量 料金
データベーシックプランS 1GB 1,980円

データベーシックプランL
Pocket WiFiプラン2

7GB 3,696円

Pocket WiFiプラン2
アドバンスオプション加入

無制限 4,380円

 

ただし、アドバンスオプションには、使用端末の制限があって、Pocket WiFi端末だけが対応しています。
間違えても、iPhoneにオプション設定できるとは考えないでください。

 

 

ワイモバイル まとめ

整理の仕方にもよりますが、格安SIMの泣き所である通話料金の高額さは、かなり抑制されていることに気づきます。
さらには、2年目まではかなり安い料金設定であることもおススメのポイントになります。

 

ワイモバイルのメリット

 

通常の基本料で10分かけ放題がついてくる!
格安SIMながら、時間制限のないかけ放題が設定されている!
パケット増量オプション500円/月を適用すると1?4GBのパケットが増量される(2年間無料)!

 

 

ワイモバイルのデメリット

 

パケット上限を超えると128kbpsに速度制限がかかり、使えないレベルに陥る(全体のサービスレベルより劣る)
iPhoneの選択肢がソフトバンクに比べて制限される(Apple Online Storeなどで買えばOK)

 

ここでは、格安SIM会社としてワイモバイルを扱いますが、実際は冒頭にも述べましたが、ソフトバンクそのものなんです。
それだけに、かけ放題プランも10分や5分など時間制限がある分だけでなく、時間制限のないキャリアのかけ放題も ”スーパー誰とでも定額” というサービスを提供しています。
格安SIMの泣き所だった、かけ放題サービスが格安1,000円で提供されているわけです。

 

また、通信速度では、格安SIMで最速レベルの速いサービスを提供しています。

 

パケットの増量オプションも格安で、500円でそれぞれの増量メリットが受けられます。

 

 

 


ワイモバイル記事一覧

ワイモバイルは1,000を超える店舗展開をしています。元々、ソフトバンクショップを展開していましたから、ノウハウも代理店も数多く抱えていますから、その辺はお得意な分野です。ワイモバイルのユーザーの多くは、店舗での購入者が8割を超えていますが、店舗で購入すると、実は損をしているんです。ワイモバイルの店舗購入とネット購入を比較してみると次のことが分かりました。 ワイモバイルの店舗購入とネット購入の比較...

Y!mobileといえば、SoftbankやYahoo!Japan など関連企業とタイアップしたキャンペーンを展開します。今ならPayPayと絡めてキャッシュバックとか期待できますよね!そんな、Y!mobileの今なら! というお得情報を定期的に配信していくページです例えば…ソフトバンクホークス関連セールPayPayのキャッシュバックYahoo!ショッピングやPayPayモールでのお得セール情報令...

page top