格安SIMの選び方

格安SIMの選び方

oliveoil

格安SIMの料金を比較しやすく、おすすめをランキングを交えて解説しているサイトです。
格安SIM会社に乗り換えを検討される前に、ぜひご覧いただきたいです。

 

 

「(基本料金)月々1,480円から!」

 

と言われても、ずーっと基本料金が1,480円というわけではないことも多いです。

 

 

割引には期間が設定されていたり、キャンペーン期間だけの割引や、家族2人目から適用される割引が組み込まれていたり、と、かなり条件が指定されていて、格安SIMの料金は単純に比較しにくいものになっています。

 

1年経ち、2年経つと当初の割引は適用されていないことが多いですから、徐々に高くなり、いつの間にかお得感がなくなっていた、なんてこともあります。
だから、キャッチコピーの料金に踊らされることなく、ご利用条件に沿って、2年間の支払いを比較して、おすすめの格安SIMについてを知っておく必要があるわけです。

 

つまり、割引に期間がある → 有利な部分だけ見せられても、結果的におすすめなのかどうなのかは分からないです。

 

 

家族で安くても、独り身ならどこがお得かは、正直なところ分かりにくくなっていますよね!

 

格安SIM会社がお得なのかって、単純比較が難しいんです。
なので、”ご利用シーン”や”ご利用状況”に沿って、2年間のご利用料金を比較することで、携帯料金の節約をいただきたいです。

 

年間数万円くらい、あっという間に節約できるポイントなんで、ぜひご覧ください。

 

 

それでは、比較するにも整理しておくポイントに沿って、解説していきます。

 

 

格安SIM選びのPoint

 

格安SIM選びに重要なポイントとして、大きくは料金面と、提供内容( エリア・速度・提供端末 )に分けられます。
通信速度は、お住まいの地域にもよると思いますが、これらの不安が格安SIM選びの大きなハードルになっていますよね。

 

どういった点を見ていくべきで、何をこのサイトでお伝えしているのかを簡単に整理します。

 

 

1.2年間の基本料金( 2年間の割引総額の把握と適用条件・利用状況 )

 

2.通信料金(ギガ数に直結します)

 

3.通話料金(営業などに使うのなら、LINEで賄えない固定電話への通信があることが多いですよね! )

 

4.端末の実質価格( 割賦支払い - 下取り価格 )

 

5.iPhoneの提供状況 ( 格安SIM会社はiPhoneの最新機種は扱っていないです )

 

こんなところでしょうか。

 

 

これらに加えて、解約時の違約金についても結構大事。

 

やっぱり止めたい、とおもっても1万円近い違約金が必要な会社が多いです。
いざ、他の格安SIM会社に移りたいときに移れなければ、結局は放っておいてしまって、高いまま、不満のまま、なんてことになります。

 

あと、通信品質・速度も大事です。
これは、あとからレポートを付け加えていきます。

 

とくに、iPhoneの提供条件について、格安SIM会社はかなりショボいです。

 

でも、方法さえ知っていれば、iPhone11Pro や iPhoneSE だって手に入れられるんです。

 

そう考えると、知ってさえいれば、回避できる悩みばっかりだったりもします。
少し面倒でも、年間1万円から数万円にもおよぶ節約を考えると、メリットがかなり大きな見直しなんで、よくご覧になってくださいませ。


更新履歴
page top