格安SIMの選び方

楽天モバイル

UQmobile

楽天モバイルを一言でいえば、極めて良心的な格安SIM会社と私は表現しています。

 

ようやく、その楽天モバイルが、キャリアに昇格することになり、久しぶりの4キャリアの国になったわけです。
楽天自社の基地局整備は、まだまだですが、auのエリアと併せてエリア的には十分。

 

加えて、楽天回線エリアは使い放題なのもうれしいです。

 

もちろん、楽天回線を1年間無料というのも嬉しい (*^。^*)

 

あとは、ご自身の使うエリアが、楽天のエリアとしてどのくらいカバーされているのか?というところ。
あくまで、無料利用も使い放題なのも楽天のエリア内での話ですので。

 

つまり、当面は都会に住んでいる方は、楽天を使わなければ勿体ない、ともいえるわけです。

 

一度確認してみてください。
楽天モバイル自社回線エリアについて

 

現状ではエリア外だなぁ、という方については、これまでのスーパー放題のほうがいいかもしれません。

 

 

つまり、これまでの格安SIMを提供している会社の多くは、追加料金で収益を上げるモデルでしたが、スーパー放題のようにギガを使い切っても1Mbpsと、従来の格安SIM会社の5-8倍の速度で通信を提供するプランを設定したり、スーパー放題の月額使用料に、10分かけ放題のサービスを組み込んで、1年目は1,480円という超格安の料金を実現してきました。

 

もちろん、プランごとに特性がありますので、そこはよく見た方がいいんですが、格安SIMの王道的なプラン設計には、脱帽させられるものがあります。 

 

 

楽天モバイルとは

 

 

楽天の傾向として、楽天市場や楽天トラベルなど複数のサービスを提供している関係もあって、他のサービスの既存会員に対して優遇して、新サービスに誘導する傾向があります。

 

今回の楽天モバイルならば、楽天市場の会員登録者には1年間1,500円/月の割引が適用されるなど、光回線割引とかに比べて、家族割引など支出を伴わない割引を設定してくれているところが、他のサービスの既存顧客に手厚いポイントになります。

 

 

その他に、市場にあるニーズというか不満を吸収するのもうまいです。

 

確かに1Mbpsでは遅いかもしれませんが、「もう月末なのに、ここで追加パケット?」 という経験をした人なら、「あと2日くらい我慢するか!」 と思わせてくれる程度のスピードダウンで楽しめる意味が分かっていただけると思います。
実際に、スピード低下後も画質を落とせば、十分に動画も楽しめるレベルで視聴できますし。

 

 

ほかにも、一般的な格安SIM会社は、かけ放題系は5分かけ放題と10分かけ放題の2段階にして、かけ放題の付加使用料と規定時間を超えた時の割高な通話料で稼ぐモデルが主流ですよね。
スーパー放題に限りますが、これらが基本料金に含まれているのはありがたいです。

 

通話料金の面でも、かなり頑張ってくれている料金体系だなぁ、と。

 

つまり、広告で見かける基本料金と支払金額に大きな差が生まれにくい料金体系を実現しているところが凄いんです。

 

では、さっそく料金を見ていきましょう!

 

 

楽天モバイルの料金一覧

 

楽天モバイルの料金は過渡期にあります。
10分かけ放題付きで、ギガを使い切ったあとのスピードダウンを1Mbpsに抑えたのは 新プランの "スーパー放題" というプランだけです。
ほかのプランはすべて200kbpsに落ちます。

 

そのため、旧プラント・新プランが並立していますが、今は8割超の人が "スーパー放題" というプランを選んでいます。

 

スーパー放題 音声SIMプラン データSIMプラン
パケット超過後 1Mbps × ×
かけ放題 × ×

 

楽天モバイルの音声+データプランの料金一覧

 

楽天モバイルの音声系プランは、スーパー放題が追加されてからほとんどの人が "スーパー放題" を選んでいます。 旧プランと単純比較はしにくいですが、1年目の安さとかけ放題+1Mbpsの通信速度を考えると、スーパー放題にお得度を感じる気持ちはよく分かります。

 

<スーパー放題料金表>

プラン名 パケット容量 金額
スーパー放題 プランS 2 2,980円
スーパー放題 プランM 6 3,980円
スーパー放題 プランL 14 5,980円
スーパー放題 プランLL 24 6,980円

 

<音声SIMプラン>

プラン名 パケット容量 金額
音声SIM ベーシックプラン 0 (200kbps) 1,250円
音声SIM 3.1GBプラン 3.1 1,600円
音声SIM 5GBプラン 5 2,150円
音声SIM 10GBプラン 10 2,960円
音声SIM 20GBプラン 20 4,750円
音声SIM 30GBプラン 30 6,150円

 

<参考:スーパー放題料金表・楽天会員1年目>

 

プラン名 パケット容量 金額
スーパー放題 プランS 2 1,480円
スーパー放題 プランM 6 2,480円
スーパー放題 プランL 14 4,480円
スーパー放題 プランLL 24 5,480円

 

 

楽天モバイルのデータプランの料金一覧

 

SMS付きのデータSIMの料金は、おそらく最安値レベルの料金設定になります。
最大の30GBのプランに至っては1GBあたりの単価が184円と目安の200円を大幅に切りますけど、たいていは200円ちょっとの水準。
大々的に、データSIMを宣伝していませんが、データSIMもコスパがかなりいいことが分かります。

 

プラン名 パケット容量 金額
データSIM ベーシックプラン 0 (200kbps) 645円
データSIM 3.1GBプラン 3.1 1,020円
データSIM 5GBプラン 5 1,570円
データSIM 10GBプラン 10 2,380円
データSIM 20GBプラン 20 4,170円
データSIM 30GBプラン 30 5,520円

 

 

楽天モバイルでiPhoneを使うには

 

楽天モバイルは、2020年春には通信キャリアとして参入します。
そうなれば、Appleからの扱いも変わる可能性がありますが、加入者が多いとはいえ、2019年10月現在では、未だにiPhone最新機種の供給はなされていません。

 

過去にiPhone7 などの供給がなされたこともありましたが、一過性の取り扱いで、必要であれば、Apple Online Storeなど直販チャネルで購入するか、中古端末市場で調達など、少し工夫する必要があります。

 


楽天モバイル記事一覧

御多分にもれず、楽天モバイルもiPhoneのラインナップは脆弱です。… でも、このサイトでは再三にわたって、iPhoneを携帯電話会社から買わなくてもいい、という趣旨の持論を私は展開しています。理由は、2019年10月以降、キャリアからの値引きがほとんどないことが挙げられます。要するに、わざわざキャリアから携帯電話を購入するメリットがないわけです。言い換えれば、端末に縛られて、高い料金を払わされる...

page top