格安sim ランキング 10GB

格安sim料金 比較ランキング (おひとり様・10GB・音声あり)

格安simの料金を比較したランキングを2年間の利用総額で整理しました。
ただし、楽天モバイルの1年無料プランは、品質面の調査中ですので対象から外しています。

 

● 対象キャリア:マイネオ、LINEモバイル、OCNモバイル、UQモバイル、楽天モバイル、Biglobeモバイル、nuroモバイル、IIJ-mio、イオンモバイル、ヤマダモバイル、exciteモバイル、Y!mobile 以上12社。
● 算出条件:おひとり様・10GB以上のプラン ※1・音声あり・iPhone利用 ※2

 

順位 キャリア プラン 2年間総額 詳細ページ
OCN-モバイル

音声対応SIM 10GB/月コース

113,920円

 

ヤマダモバイル 10.3GBプラン 115,840円

 

楽天モバイル 通話SIM 10GBプラン 115,840円

 

UQモバイル スマホプラン プランM 116,320円
nuroモバイル Lプラン(D) 116,500円 詳細はこちら

 

※1 同じ料金の場合、使えるパケット使用量が多いキャリア・プランを上位の順位とします。
※2 iPhone購入を前提。購入方法は一番安い方法での購入を前提としています。中古端末は含めません。

 

 

意外な結果が出てきました。
おひとり様の場合、家族割引や学割が適用されないことが多いため、元の利用料金の安いOCN-mobile を使うことがベストチョイスになるようです。

 

正直、これらの料金差であれば、この上位5社のどれを選んでも、実質的な支出差は感じにくいレベルです。

 

 

ここでポイントは、家族で加入しないのであれば、Y!mobileの料金は高い、ということです。

 

参考までにお伝えしておくと、今回選んだなかでランキング下位集団となる128,920円となっていました。
ただし、学割を適用すると全く違った結果となり、学割を適用された回線に限っていいますと、103,920円でランキング2位となります。

 

ちなみに、ランキング1位のキャリアと比較すると、ランキング1位のキャリアは91,320円となっています。
この時に、ランキング1位とランキング2位の大きなポイントは、割引の適用期間によるものでした。

 

意外な結果でしょう?
この違いを確認すると、見るべきポイントが見えてきます。

 

1.家族割などグループ割引適用の有無によって、CMなどで印象付けられている金額と実際の支払額は異なる。

 

2.割引期間を考慮しないと、一定期間を過ぎるとトータルでの支払いが増えてしまう。
 ? 結果として、支払総額で損をする選択となる。

 

3.端末の調達方法はよく考えること。
(2020年春以降発売される機種は、特にiPhoneは大手キャリアから購入すると高くなる構図となっています。)

 

結果として、印象で料金を判断しない … ということに尽きます(笑)

 

page top